浮気調査

探偵業者に依頼できないこととは?

探偵は何でも依頼を引き受けるわけではありません

探偵といえば、依頼人のどんな調査依頼でも引き受ける情報収集のプロフェッショナルというイメージを持っている方も多いと思いますが、実際には探偵業者に依頼できないことも少なくありません。

犯罪に利用される可能性のある調査

たとえば、探偵業者には、依頼人が犯罪を実行するための情報収集は基本的に依頼できないことになっています。

探偵業者が収集した情報が万が一犯罪に利用された場合、たとえ依頼人が嘘をついて調査を依頼したときにでも、軽率に依頼を引き受けて結果的に犯罪に加担したという道義的責任は問われます。

つまり、探偵業者は自社の社会的な信用を守り、事業を安定的に継続していくために、依頼人の話をよく聞いて理由がはっきりしない場合には依頼を断ることにしているわけです。

ストーカー目的の調査

また、同様の理由で、ストーカーを目的とした人探しや夫からの暴力から逃れる妻の居場所探しなども依頼できないことになっています。

特に、近年はストーカーによって女性が殺害される事件も頻発しているので、業者は依頼人の話を聞いてストーカーである可能性が疑われる場合には、断固とした態度で依頼を断る傾向が強くなっているようです。

その他にも、社会的差別や復讐・報復・仕返しのための身辺調査などのような他人に危害を加える行為につながる依頼にも探偵は協力しないことになっています。

反社会的な行為に関わる調査は依頼できません

このように、探偵業者には、犯罪に関与する可能性のあることや公序良俗に反したことなど、反社会的な行為に関わることを依頼することはできません。

なお、一部の業者は、依頼人の話をよく聞かずに引き受けることもあるようですが、これは例外的なケースで、多くの探偵業者は依頼人の話をよく聞いて怪しい依頼の場合には引き受けないようにするのが一般的です。